原爆の日 広島市長松井一実の犯罪的発言

画像
広島市の松井一実市長は核兵器を「絶対悪」と位置づけ、原発問題に関しては「脱原発」はふれない。

核拡散防止条約(NPT)再検討会議の核兵器の非人道性に関する共同声明に賛同しなかったことに宣言では批判せず。

長崎市の田上富久市長は共同声明に賛同しなかった政府の姿勢を批判し、「平和宣言のポイントになる」と述べた。

松井市長は記者会見で「政府は(賛同の)準備はできていると聞いている」と述べ、長崎市との認識の違いが明らかになった。また、 「原爆と原発は明確に違う」 示した。

"原爆の日 広島市長松井一実の犯罪的発言" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント