『共謀罪』衆院で強行採決

自民、公明は22日、「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、23日の衆院本会議で採決する方針を決めた。

自公日本維新の会などの賛成多数で可決される見通し。
与党は24日にも参院本会議で審議入りさせたい考えだが、民進、共産など野党は激しく抵抗。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック